中古バイクの選び方

特に初めて中古バイクを買うという方、何を選んだらいいのか難しいですね。

もしかしたら、新車の方がいいかもしれないと思ってしまう時さえあるかもしれません。

でも、乗り慣れなくてバイクを倒してしまった時のことを考えたり、まず無理をしない範囲でバイクに乗れるようになりたいと思ったら、やはり気兼ねなく乗れるのは、中古バイクの方でしょう。

では、どんなことに気をつけたらいいかというポイントですが、何よりまず重要なのは、お店選びです。

今はインターネットのオークションでさえ購入することもできますが、おすすめは、やはり販売しているお店を知っておくことが重要です。

なぜなら、故障したり、メンテナンスをしたりする必要がある時にどうしていいかわからないとか、何が必要になるとか、こういった時にはああしたらいいというような疑問に思う点を、お店の人に相談できるようになるからです。

販売店というのは、やはりある一定のレベルを持っているバイクのプロですから、そういったところとつながりがあるというのは、後々にとても役に立ちます。

そのため、出来れば家に近くて、通いやすい方がいいですね。

バイクが大好きでお客さんがよく通ってきているお店が良いでしょう。

また、走行距離よりもタイヤの状態やエンジンの状態をチェックすると良いです。

走行距離は、はっきりいって目安になりません。

改ざんの可能性が高い買いも多いからです。

それよりも、タイヤなどのいわゆる消耗品の部分を見ると、前のオーナーが大切に使っていたかどうかがわかります。

消耗品部分は、状態が悪ければ交換しなければなりませんが、その費用もばかにはなりません。

初めてという方は、最初の1台は傷つくのは当たり前と思って選ぶ方が、ゆとりある選び方ができるでしょう。

中古バイクの真実